• DRCのマンション大規模修繕コンサルタント
  • 30年後を見据えた長期修繕計画
  • マンションコミュニティ形成をサポート

DRCが地域No.1に選ばれる理由|SPECIAL FEATURES

  1. 改修専門の建築士事務所
    STEP 1

    改修専門の建築士事務所

    修繕工事は住みながらの工事です。だからこそ、豊富で幅広い経験と知識が必要です。私たちは業務の99%がマンションの維持・改修コンサルティング。また各種資格を持った技術者が担当いたします。

  2. マンションコミュニティの形成をサポート
    STEP 2

    マンションコミュニティの
    形成をサポート

    公正で透明性の高い業務を推進し、居住者の皆様の理解が得られる方法を提案します。また、住民説明会や報告会を行い、皆様との「コミュニケーション(対話)」を通じて、参加意識の高揚や協力体制の確立を目指します。

  3. 自社保有機材で調査診断
    STEP 3

    自社保有機材で調査診断

    私たちは様々な調査機材を自社で保有しています。下請けまかせではなく、「自ら見て、触れて、感じたもの」をお客様にお伝えします。

  4. 竣工後のアフター点検・定期調査
    STEP 4

    竣工後のアフター点検・
    定期調査

    大規模修繕工事は、「工事竣工=完了」ではありません。竣工後も、より長く、快適に住まえるように、施工会社アフター点検に立ち会います。身近なアドバイザーとして、末永くお付き合いいただける設計事務所です。

大規模修繕の流れ|FLOW

  1. 建物調査
    STEP 1

    建物調査

    事前打ち合わせのあと、共用部の建物診断や、居住者様アンケート調査、建物の現状把握を行います。

  2. 修繕計画
    STEP 2

    修繕計画

    調査したデータを元に提案の改修仕様、及びその工事費概算金額を作成します。ご要望に併せてエントランス改修提案なども行います。

  3. 施工会社選定
    STEP 3

    施工会社選定

    仕様が決定したら見積依頼会社を選定し、見積りを徴収します。会社への質疑のほか、見積りをわかりやすく比較できるよう資料の作成等を行います。

  4. 工事監理・検査
    STEP 4

    工事監理・検査

    工事期間中は定例打ち合わせや現場確認を行い、工事がスムーズに進められるようバックアップします。工程の節目では品質確認検査を行います。

  5. アフター点検立会い
    STEP 5

    アフター点検立会い

    工事竣工後の施工会社アフター点検に立会い、適切に保証内容が履行されるようにサポートします。

施工例|INSTALLATION

  • 外壁塗り替え
  • 外壁タイル・石貼洗浄
  • 屋上防水
  • ウレタン複合防水
  • 廊下床防水
  • 耐震補強

よくあるご質問|FAQ

  • 大規模修繕工事ってなに?
    建物は時間の経過と共に「ひび割れ」や「タイルの浮き」などの劣化が進行します。
    劣化を放置すると、漏水や外壁タイルの剥落などの危険性が高まるだけでなく、資産価値の低下につながります。
    共用廊下や階段内はいつでも修繕することができますが、手の届かない外壁や手摺りの外側は、外部に足場を設置する必要があります。
    こうした日常修繕できないような範囲に足場をかけて行う大掛かりな工事を大規模修繕工事と言います。
  • 大規模修繕工事はいつやればいいのか?
    一般的には、概ね12~15年程度の周期で繰返し行われます。
  • 大規模修繕工事の対象範囲は?
    屋上や共用廊下・階段、外壁、外構など共用部全般が対象です。
    ベランダやルーフバルコニーも共用部として工事対象範囲となりますので注意が必要です。
他の質問を見る

ブログ|BLOG

ブログ一覧を見る
PAGETOP
Facebookもチェック